スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :



制作ダイビングの真っ最中ですが、お世話になっている刀匠ご夫妻に会いに明治神宮へ行って来ました。

気後れしてしまって、今までは機会があっても拝見するのみでしたが「刀は持ってみないと本当のよさは、わからない」との事。
確かにそうでした。

画像は宮入法廣さん、昭和61年作初期の太刀です。
(緊張してあちこちに力が入りすぎて不自然な笑顔のワタクシ。。を、見守っている宮入さん。。)
ものすごい重量でした。

呼吸を整え、腹と腰を据えないと、腕力だけでは持ち上げることすらできません。

今回は短刀や刀、小太刀、刀子など、すべて手に取らせていただきました。
手にしてみないとわからない、それぞれの刀の美しさや品格が一体感となって腕先から伝わってくるようでした。
伝統を継承しつつも革新的な刀匠の言葉が響きました。

宮入さんは刀の鍛錬だけでなく、刀子の美しい装飾(撥鏤や彫金など)もされていらっしゃいます。

工芸装飾に関して、浅いなりに全般の勉強をしていてよかった、と思います。
どんなに高い技術の研鑽を積まれつつ、新しい試行錯誤をされているか、多少なりとも肌感覚で理解できるので。。

現在、日光二荒山神社の「日光一文字」、水戸徳川ミュージアムの「燭台切光忠」を復元製作中とのこと。

刀匠 宮入法廣さんのHP
http://www.norihiro-miyairi.com
スポンサーサイト
2016-10-21 : 感じる :

P1010868.jpg

2004頃の(?)制作。

テストピースのストックだと思っていた段ボールから出土しました。

探しても見当たらなかったのと、震災の時にあれこれ作品が落ちて割れたので、その時に廃棄したものと思い込んでいました。
もう無いもの、と思っていたのがひょっこり出てきたこととか、自分の作品なのに懐かしい人と相見えたような、不思議な感覚になりました。
気がつかなかったけど愛着があったのでしょう、たぶん。

ところで。
ブログの方はなんとか更新できそうな気配です。
更新しづらいのは確かですけれど。。
お騒がせ(?)いたしました。
2016-09-18 : 感じる :

越喜来

陶芸家の友人たちの厚意で、岩手県大船渡市越喜来に行って来ました。

初参加のイベント越喜来芸術祭も、越喜来で出会った自然も人も、素晴らしかったです。

13921137_1050724108357910_7203092410256137472_n.jpg

13934778_1050724148357906_5306629233086380658_n.jpg

13925102_1050724141691240_1432687865798198300_n.jpg

14022314_1050724181691236_2055640766105584972_n.jpg

13920870_1050724238357897_3426201143228034893_n.jpg

13934643_1050724258357895_8150506318158946630_n.jpg

13921120_1050724271691227_7694195422451964068_n.jpg

13939602_1050724295024558_7361526219514078395_n.jpg

家路につくドライブ中に、すでに懐かしく。
帰ってきた今は浦島太郎のような気分です。

(まだ編集中です。)
2016-08-15 : 感じる :
ホーム  次のページ »

プロフィール

高橋朋子  陶芸家 Ceramist

Author:高橋朋子  陶芸家 Ceramist
きたぐに北海道で育ち、南国沖縄で陶芸を学びました。
今は温暖な関東で制作しています。
小さい頃から自然の中で遊ぶことが好きでした。
好みの色や美しいかたち、素敵だと感じて想像した物事をあたためて来ました。
それらをうつわの中に込めています。
手にとり、感じていただけたらうれしいです。

facebook

陶歴

取り扱いshop・gallery

リンク先は作品ギャラリーです。↓
高橋朋子 白磁のうつわ

お問い合わせは下記のメールアドレスまで↓
tomokotakahashi07*gmail.com
(*を@におきかえて下さい。)

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。