スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

こねり手のかたち

20110321112629.jpg



沖ゲイ後輩達の展覧会の告知です。

この震災直後にこういった展覧会の開催、いろいろとご意見もあろうかと思います。
彼女達も直前まで、悩んでおりました。

昨年3月、沖縄画廊で偶然に出会った若手の陶芸家。
まだ二十代です。

とてもガッツがあって、きらきらした女子たち。
一人は奈良から、三人は沖縄から、よいやさ!と、やって参ります。

こんな時に?
こんな時だからこそ来るんです!笑

今回の展覧会に、少しだけご縁があったのと、きっと観に行った方にも、
彼女達のエネルギーをお裾分けしてくれるはず…そんなわけで紹介させていただきました。

なかなか一筋縄でいかない4人それぞれの世界観で、眼も心も楽しませてくれるはず。

なんだか最近、やはり少し地震疲れ…ちょっぴり空洞なので、
私も元気をいただきに、初日に出かけてみようと思っています。


近くまで用事があって行くよ~、って方はぜひぜひ!!
立ち寄ってご覧いただけたら幸いです。

よろしくお願い致します!!


上原由布さん、前田彩さん、紺野乃芙子さん、宮里志織さん達同期4名のグループ展

「こねり手のかたち」
期間:2011年3月29日(火)~4月3日(日) OPEN 10:00~19:00
場所:桃林堂 青山店  住所:東京都港区北青山3-6-12 青山富士ビル1F
スポンサーサイト
2011-03-22 : 感じる : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

地震の事ばかり書いていましたが、今日は自分の作品の事もすこし…。

少し前の事ですが、3月上旬、東日本伝統工芸展に入選しました。



P2230516.jpg



一月末からずっと、体調がイマイチで…。

今回の地震が起きる前の予兆のように、良性突発性めまい症候群という、
ややこしいネーミングのヘンテコな病気になってました。

平衡感覚を失って歩けなくなり、酷い時は船酔いにかかったみたいに、嘔吐してました。

病院で点滴を投与して、薬をもらいながら、なんとか動けるようになりました。
でも、しばらくは自分の体じゃないみたいで、こわくて不安な毎日でした。

病は気から、と言うし、とにかく何か一つ没頭してみようと思い、
尺近くの白磁盤を轆轤でひいて、
久々に、澄(ズミ、箔のモト、一番厚いの)を引っ張りだして。。

あまり無理な体力を使わずに、心を落ち着けて制作していたら、
思っていたより細かい作業に没頭できて、自分の体に、少し安心しました。

一昨年くらいから、他の公募展に出品しても縁がなかったのと、
今回は初出品で初入選だったので、余計に嬉しかったです。


人世に生を受けたからには、私は希望を持って、何度でも蘇りたい。

そう願って、「蘇」と名をつけました。


この地震で、どうなるのか個人的にはまだわかりませんが、
金銀彩盤「蘇」は、4月頃に日本橋三越で展示されるようです。





















2011-03-18 : 高橋朋子 作品 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

地震

昨日は窯出しの最中に、揺れが始まりました。
どんどん激しくなる揺れの中、工房は物が多いので、ゴマ犬を抱えて庭に非難。

作品が棚から飛び出したり倒れて、割れました。
工房、家の中、在庫の小屋、窯の中の作品も。。

こんな揺れは生まれて初めてで、長く長く揺れてました。
庭の前の電柱も大木も、怖いくらいユサユサ揺れてました。
家の中で割れた物を掃除していたら、また大きい余震があったので、家に入るのが怖くなりました。

山田は電話を何度かけても繋がらなかったので、別会社の携帯を友人から借りて、ようやく安否確認してくれたようです。
停電だったので、ずっと家の電話もpcも使えませんでした。

今朝8時にようやく電気が復活。
その間、叔父と叔母の家に犬を連れて非難してました。

たびたびの余震、今もちょっと怖いです。

今、ようやくテレビを見て、映像の情報にショックを受けてます。。
津波、原発。。

各地で被害に遭われた方、まだご家族や親戚、知人と連絡が取れていない方、心配で不安だろうな。。
被災された方、お見舞い申し上げます。
一人でも多くの方が、助かりますように。。

今回の事で、被災した時のこと、真剣に考えて準備しておかなくちゃ。。そう思いました。
どこかで人ごとと思っていた自分、反省。

心配して連絡をくれた友人達にも感謝。
2011-03-12 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

高橋朋子  陶芸家 Ceramist

Author:高橋朋子  陶芸家 Ceramist
きたぐに北海道で育ち、南国沖縄で陶芸を学びました。
今は温暖な関東で制作しています。
小さい頃から自然の中で遊ぶことが好きでした。
好みの色や美しいかたち、素敵だと感じて想像した物事をあたためて来ました。
それらをうつわの中に込めています。
手にとり、感じていただけたらうれしいです。

facebook

陶歴

取り扱いshop・gallery

リンク先は作品ギャラリーです。↓
高橋朋子 白磁のうつわ

お問い合わせは下記のメールアドレスまで↓
tomokotakahashi07*gmail.com
(*を@におきかえて下さい。)

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。