スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

油や 

明日から、分去れ(わかされ)の地へ行ってきます。
信濃追分宿は中山道と北国街道の分岐点で、長旅で親しくなった旅人たちが別れを惜しみ、袂を分けて旅を続けたそうです。

P1014069.jpg


常に右側にたなびく雲をかぶる浅間山も、裏道にひっそり居る道祖神も野良猫も穏やかで悠々としています。
冬の寒さは相当厳しいらしいけれど…。
北国の山育ちとしては、記憶の源流に近い空気を余計に懐かしく思うのかも。
して、今回のタビトモは「風立ちぬ」堀辰雄だっ。笑
関連記事
2013-09-02 : これからの : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

高橋朋子  陶芸家 Ceramist

Author:高橋朋子  陶芸家 Ceramist
きたぐに北海道で育ち、南国沖縄で陶芸を学びました。
今は温暖な関東で制作しています。
小さい頃から自然の中で遊ぶことが好きでした。
好みの色や美しいかたち、素敵だと感じて想像した物事をあたためて来ました。
それらをうつわの中に込めています。
手にとり、感じていただけたらうれしいです。

facebook

陶歴

取り扱いshop・gallery

リンク先は作品ギャラリーです。↓
高橋朋子 白磁のうつわ

お問い合わせは下記のメールアドレスまで↓
tomokotakahashi07*gmail.com
(*を@におきかえて下さい。)

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。