スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

庭園美術館

有元利夫「天空の音楽」を観てきました。

庭園美術館は、数年前に八木一夫展を観に行って以来です。


P8150118.jpg


エントランスを抜けて、ひとつひとつ、作品と向かい合いながら、

心がだんだん静かになっていくのがわかりました。


P8150112.jpg



もしかしたら、晩年は意図的に、作品の存在感を消したかったのでしょうか。


でも、決して空ろではなく、透明な意志を感じるのでした。



P8150120.jpg


自分の心に素直である事って、とてもとても難しい事。

媚びず、気負わず、作為なく、素直な悦びで何かに向き合う事。

無になる瞬間。



P8150124.jpg


帰り道に見た、まだ青い稲穂は生き生きと瑞々しい。

まとまらないけど、満ち足りた夏の午後でした。
関連記事
2010-08-15 : 感じる : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

高橋朋子  陶芸家 Ceramist

Author:高橋朋子  陶芸家 Ceramist
きたぐに北海道で育ち、南国沖縄で陶芸を学びました。
今は温暖な関東で制作しています。
小さい頃から自然の中で遊ぶことが好きでした。
好みの色や美しいかたち、素敵だと感じて想像した物事をあたためて来ました。
それらをうつわの中に込めています。
手にとり、感じていただけたらうれしいです。

facebook

陶歴

取り扱いshop・gallery

リンク先は作品ギャラリーです。↓
高橋朋子 白磁のうつわ

お問い合わせは下記のメールアドレスまで↓
tomokotakahashi07*gmail.com
(*を@におきかえて下さい。)

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。